税理士になるために

税理士

■税理士の魅力

・安定と高収入

現在、独立開業している税理士の収入を見てみると、開業10年未満でも年収1,000万円以上がおよそ40%、10年以上になると1,000万円以上が約80%、3,000万円以上が約40%にもなります。この数字からも、税理士は着実な努力で高収入を実現できる仕事です。仕事探しも、知人の紹介、営業、検索サイトへの登録など活躍の場所は増えています。

事務所の防犯対策を始めるのであれば、まずはダミーでもよいので防犯カメラの設置をご検討ください。

・開業したら自由業

税理士として独立開業すれば、自由業です。自分のペースでスケジュールを組み、仕事を進めることが可能です。会社員のように、「組織」というワクの中で活躍が制限されたり、一定の年齢になったら定年退職といったこともありません。さらに、税理士としてならどんな大企業のトップとも対等、またはそれ以上の立場で、会社の経営や財務について話し合うことができるのです。

 

・女性も活躍できる

現在、独立開業している税理士の収入を見てみると、開業10年未満でも年収1,000万円以上がおよそ40%、10年以上になると1,000万円以上が約80%、3,000万円以上が約40%にもなります。この数字からも、税理士は着実な努力で高収入を実現できる仕事であることです。 税理士として独立開業すれば、自由業です。自分のペースでスケジュールを組み、仕事を進めることが可能です。会社員のように、「組織」というワクの中で活躍が制限されたり、一定の年齢になったら定年退職といったこともありません。さらに、税理士としてならどんな大企業のトップとも対等、またはそれ以上の立場で、会社の経営や財務について話し合うことができるのです。 最近の税理士試験における女性合格者は、年を追うごとに増え続けています。現在では約3割、合格者の10人に3人が女性で占められるようになりました。もちろんクライアントからは、女性税理士ならではのきめ細やかな仕事ぶりが非常に高く評価されてます。税理士会機構の支部の中には、女性だけのグループをつくって勉強会や研究会などを行っているところもあります。

 

■将来性

パソコンなどOA機器の普及によって、事務処理的な会計業務から解放されつつあるいま、税理士の仕事はより高度なコンサルティング的な領域に拡大。将来に向け、さらなる成長が見込まれています。

 

・開業独立

自分の創意工夫が仕事に活かせ、努力の成果がすべて結果として反映します。「仕事」・「やりがい」・「収入」、すべて自分自身の努力次第なのが、独立・開業です。これが自分で事務所を持つという自由業の魅力です。さまざまなクライアントを通じて、さまざまな仕事を行うことにより、より一層自己実現の場が拡がります。

 

・勤務税理士

税理士事務所・会計事務所等に勤務して、コンサルティングや国際税務、資産承継等、クライアントのニーズに応じたさまざまな仕事をします。個人の得意分野ごとにチームを作り、仕事に取り組むケースが増えてきています。更に、税理士法人の場合には支店開設をして全国展開をする等、組織戦略に発展性があり、今後の仕事に大きな可能性を秘めています。

 

・企業内税理士

銀行・証券会社・保険会社といった金融業界をはじめ、一般企業の財務部門で経理・財務の専門知識を活かすスペシャリストとして活躍していきます。社内情報を活用して奥が深い仕事ができ、経営に関するさまざまな提案ができる等、経営に携わる広範囲な仕事が行える魅力があります。

注目サイト

生前整理を千葉でお願いする

最終更新日:2018/9/10

 

コピーライト